☆positive一番☆
by OKUI_SATOSHI
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
カテゴリ
全体
graphic art
graphic design
Nikon F3
monochrome
surfin
銀塩写真
カメラ日和
一眼レフ
positive一番、電話は二番
art work
musicccc
GuZZLE
ぼやき

cafe
写真
ねこさん
映画
たべもの
Youtube
ART

広告・プロモーション
スキンケア
アクティブエイジング
子育て
未分類
以前の記事
2015年 05月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
フォロー中のブログ
blue blue
Mickey's world
DSLR Park
tanameaya
Kaoru with L...
NOTE*
Supermassive...
Pleasant time
LadyCatshark...
キ ミ と カ メ ラ
:::
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(48)
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ギャラリー ( 1 ) タグの人気記事
Installation art
d0112735_1495458.jpg


活けるという行為に
組み立てる
という要素をプラスし

地面から解き放たれた植物を
違う生きものに変化させる

束ね切り結わえ曲げ繋ぎ
組み立てる

活ける彫刻と化した
新たな植物造形は
ふさわしい美を手に入れた

研ぎ澄まされた植物の線が
新たな世界の輪郭を作り出す



AMPG AZUMA MAKOTO PRIVATE GALLERY
AMPG行ってきました。(清澄白川にあどぅよ)
http://www.stemandcookie.com/gallery/ampg.html
毎月20日まで展開されていくギャラリー
今回のコンセプトはBotancial Sculpture #1

AMPGに行ったのは今回で4回目...
植物を用いた新しいアートワーク インスタレーション
今までに展開されている東サンの作品はとても刺激的であったが
今回の作品はとても東サンらしい(勝手な見解)雰囲気だったなー

28種様々な植物のフォルムを結束した美しさを
背骨で感じた。こんなものが20日間活けられていたとは...
今までのインスタレーション作品が抽象表現だとすれば
今回のは写実的な表現であったように思えた
さすが花屋っ!東氏のアート作品を好きになった"理由”が
実際に視覚的にそこには存在していてなんだかとても心地よかった。

東サンの作品・作風が好きな方々なら抽象表現である
インスタレーションもすすんで細かいディティールを見ているのだろう...が、
3回目の展示鑑賞の時には、果たしてこれは"どのくらい伝わるのか?"
と考えた。作品・作風が好きでAMPGに興味のある自分でも、
「今回ぶっとんでんなー!」って思うくらい...

植物の社会的価値・存在意義の"新たな可能性を切り拓く"ような
ことを謳っているわけで決して自慰表現ではない...けれども
東信サンを知らない...ましてや植物を用いたアートに関心のない方達に
そのインスタレーションを理解してもらうにはじゃっかん"到達力"が
弱いのかなって思ってたけど(好きじゃないとWHAT'S??って感じ)、
逆に今回の表現方法は本当に写実的表現だったように思えた。
どこか...なんというか、"みんなが見る"ということをつよく
前提とされていたような気もした...かな。

それにしてもインスタレーションいいね。現代美術系は刺さる×2 ww
「絵画」はキャンバスに描いていて、現代美術は、そのキャンバスの外側、
絵が存在している空間も含めて作品に取り込んでく...一点一点の作品に
終止せず、作品がどんな感じで見られるかや、鑑賞者がその展示空間に
足を踏み入れた時に感じる印象をどうやって生み出していくのか...
こいつはたまらんね...《゚Д゚》

使用されていた植物
1.カラー
2.夕霧草
3.アンス
4.カーネーション
5.フトイ
6.ベアクラス
7.パフィオ
8.ゼンマイ
9.シンピ
10.パーゼリア
11.テッポウユリ
12.ハイドランジア
13.ピンポン菊
14.デンファレ
15.葉牡丹
16.ガーベラ
17.木イチゴ
18.ガクアジサイ
19.なるこ欄
20.ニゲラの実
21.ステンクーゲル
22.ヒヤシンス
23.ヤスデの実
24.ヤスデの葉
25.バナナ
<野菜>
26.ブロッコリー
27.白菜
28.アスパラガス

fotologue更新しました
http://fotologue.jp/misokichi/

[PR]
by OKUI_SATOSHI | 2008-02-24 01:54 | positive一番、電話は二番